2020年度京都会議にて

射水青年会議所の会員26名で、1月17日(金)~19日(日)の期間に京都会議に参加して参りました。
青年会議所では全国の会員が対象となる集まりが3回あり、京都会議はその一つです。

この京都会議に合わせて様々な行事が催され、同業者同士の全国的な総会、少人数でスキルアップを目指すセミナー、多様なテーマのフォーラムなど、多くの学びの機会があります。

【県外の会員で委員会をつくる際には京都会議に合わせて集まることも。】

【フォーラムの様子。多くの会員が聴講します。】

射水青年会議所の私たちもそれぞれの役割や興味に応じて積極的に参加し、知識を得たりモチベーションを高めたりしてきました。

また最終日には新年式典が催され、2020年度に公益社団法人日本青年会議所の会頭を務められる石田全史君の所信表明を参加者全員で聞きました。

【公益社団法人日本青年会議所第69代会頭・石田全史君の所信表明】

京都会議が閉会した後は、射水市の加茂神社とも縁のある下鴨神社を訪れて、今年一年の成功を祈念して参りました。


射水青年会議所は射水市での運動・活動が中心となりますが、社会をよりよいものとしていく取り組みは全国各地で繰り広げられます。
そうしたなかで、各地の会員が集まって学んだり交流できたりする場があることで全体の方針が整理されたり、また県外に共に学びに出ることで会員間の結束もまた強いものになっていくと感じました。

コメントは受け付けていません。