【報告】2020年度10月度 公開例会「コロナが教えてくれた持続可能な社会の本質」

●事業名:コロナが教えてくれた持続可能な社会の本質

●事業実施日時:2020年10月 7 日(水) 19:00 ~ 21:00

●関連するSDGsの目標No:

 

JCブランディング委員会 委員長 米山勝規です。

2020年の生活は、コロナ禍により大きく変化させられ、目の前の生活や仕事を維持するだけでも大変な労力を使わざるを得ない時代となりました。
そんな中、国連が掲げる持続可能な開発目標SDGsに早くから注目し実践されていた企業で、このコロナ禍においても柔軟な考え方と行動で社内で自発的に変化に順応していった事例がある、と伺い声をかけさせていただきました。
それが、今回10月7日の講演に講師としてお招きさせていただきました、SUNSHOW GROUP代表 西岡徹人先生です。

今回の講演は青年会議所メンバー及び経営者の皆様あるいは組織のリーダーとしての役回りで日々努力されている方向けに開催させていただきましたが、オンラインも合わせれば、約80名の方が参加されました。

 

組織全体のSDGsの推進というアクションを通して、組織が社会から求められることを
いかに見出し
いかに関係者を巻き込み
いかに組織の風土を変革し
いかに組織の目的を達成していくか
というところを、コロナ禍での出来事も交えながらお話しいただき、SDGsマッピングというワークも行いました。

 

また、講演のやり方自体も我々としては初のスタイルでした。

講師には現地にお越しいただき、

オンライン(Zoomのウェビナー)でも同時配信し、

岐阜と東京にいらした講師のサポーターとZoomで繋ぎ、

実施させていただきました。このコロナ禍におけるテクノロジーの活用の経験からイメージできる新しいスタイルの講演ともなり、我々スタッフ側としてはSDGsのみならず、運営方法についても大変勉強させていただきました。

 

スライドはオンラインで同時配信されています。

 

 

副理事長と講師のツーショット!

 

裏方スタッフの設備。機器も配線もたくさん使って運営しました。

 

当講演にご参加いただけた方々や講師の先生にはもちろん、実行に際してご準備いただいた業者の方、真剣に準備に取り組んだメンバーの皆様あってのことでした。

当講演の実行委員長として活動させていただけたことに感謝し、今後の取り組みに活かしていきます。

コメントは受け付けていません。