アカデミー特別委員会

特別委員長 越後雅俊

副委員長 鵜川 大輔

副委員長 加治 浩和


特別委員長 越後 雅俊

当委員会は新入会員の育成が主な役割であり、今年1年間を通して、新入会員に射水青年会議所の歴史や伝統、存在意義を伝えるとともに、会員間の交流を促すことで、射水青年会議所に対して誇りと愛着を持っていただきます。また、担当事業としては「わんぱく相撲」があり、この事業を新入会員が中心となって企画・運営することで、企画力・実行力・責任感が醸成されると同時に、我々の活動が地域の未来へとつながることを実感できるものと思います。新入会員の成長こそが愛する射水の発展につながると信じ、1年間実践躬行してまいります。

【委員会基本方針】

青年会議所には多くの成長の機会がありますが、その成長は入会しただけで得られるものでないことはもちろん、漫然と事業に参加するだけで得られるものでもありません。成長を得るためには、射水青年会議所内外の様々な事業に目的意識を持って積極的に参画することが必要です。特に、青年会議所には40歳までという年齢制限があることから、新入会員についても早期に活動への参画意欲を高め、成長を促していかなければなりません。
今年度、当委員会では、新入会員に射水青年会議所に対する誇りと愛着を持ってもらうことで参画意欲を醸成します。まず、射水青年会議所の一員であることに誇りを持ってもらうために、その歴史やこれまでの活動、地域における存在意義を伝える研修事業を開催します。射水青年会議所の統合の経緯や先輩方が汗と涙を流しながら築き上げてきた多くの事業は、必ずや新入会員の心を打ち、参画意欲の向上へと繋がります。また、新入会員を中心に、継続事業であるわんぱく相撲を開催し、我々の活動が地域の未来へとつながることを実感してもらいます。次に、会員同士の関係を深めて組織への愛着を持ってもらうために、新入会員と既存の会員が互いの人となりを知ることのできる交流事業を開催して会員間の繋がりを作り、個々の関係性を高めながら一年を通じて絆へと深めていきます。最後に、我々は家族の支えのもとで活動ができていることから、日頃の感謝と我々の活動の意義を伝えるために、家族例会を開催します。会員家族に我々の活動に対する理解と支援をいただくことで我々は今後も自信をもって活動に邁進していくことが可能になります。
我々一人ひとりの自己成長こそがこのまちの希望であり、このまちの未来は我々にかかっています。未知なる可能性を秘めた新入会員を、射水青年会議所に対する誇りと愛着を持ち、参画意識に溢れた会員へと導き、ともに地域の未来のために実践躬行して参ります。

【事業計画】

  • アカデミー研修事業の実施
  • 会員交流事業の実施
  • 例会の開催
  • わんぱく相撲の実施

コメントは受け付けていません。