JCブランディング委員会

委員長 米山 勝規

副委員長 竹内 章裕

副委員長 道前 颯太


委員長 米山 勝規

広報全般を担う当委員会は、「ブランディングとは何か?」という問いから、この活動が始まりました。射水青年会議所(射水JC)という団体が一体どういう存在なのか?射水市内にどのような価値を届けており、またどのような価値を届けたいのか?当委員会は多くの方にとって疑問符が付く部分に、積極的かつさりげなく答えていく役割を担っているのだと認識しております。
委員会内には広報のプロフェッショナルや挑戦心の高いメンバーが在籍しているので、私自身が最も多くの学びを得る1年となりそうです!!

【委員会基本方針】

発信されている情報が世の中に溢れ、発信の方法も多岐にわたっている昨今において、自己の価値を受け手に理解してもらうには、その価値をいかに届け行動してもらえるかが今後ますます重要になっていきます。射水青年会議所では、活動内容やその意義を市民の皆様へ効果的に届けるため、SNSの活用など数々の工夫を重ね一定の成果を挙げてきましたが、本来の価値が伝わっていないのが現状であり、より戦略的な広報活動が必要です。
今年度、当委員会では市民の方々に射水青年会議所の活動の目的と社会的な価値を認識していただけるブランディングを行うとともに、個々のメンバーの情報発信力向上を図ります。まずは、当会議所の存在とその意義を市民の皆様に感じていただくために、各委員会横断的な広報フォーマットの統制等を含む広報戦略を策定し、市民の皆様に我々の活動目的とその価値をより分かりやすく伝えていきます。そして、市民の皆様に当会議所の存在を知っていただくベースとして、プラットフォームとなるホームページの整備・運営やSNSの活用を継続発展させ、地域社会と個々のメンバーとのつながりも構築していきます。さらに、受け手の意識や行動を変革する効果的な情報発信のあり方を醸成するために、地域社会を巻き込み市民の意識や行動を変革した広報戦略の成功事例を学び実践することで、各委員会事業が地域社会に与える効果をより高めます。また、当会議所の社会的価値を理解してもらうために、射水市の持続可能な発展に求められる課題を切り口にした市民参画型の事業を行うことで、我々と地域社会が一体となる取り組みにつなげていきます。
射水青年会議所の社会的価値は適切な広報活動を通して地域社会に伝わり、市民の皆様に安心して活動に参画していただく中で信頼関係を築いていくことになります。そして市民の方々と共に意識変革の機会を重ね、地域経済へ良い影響を与える波を作って参ります。

【事業計画】

  • 例会の開催
  • 広報活動

コメントは受け付けていません。