事務局

事務局長 加門 久征

青年会議所の事務局長は、会議の設営や団体内外の様々な調整を担当します。会議の設営では理事に案内を出したり次第をまとめたり名札を置いたり、様々な調整では行事の案内を出したり出席を取りまとめたり渉外にあたったり。ザ・雑務ですが、外部の方にはしっかりとした団体と思っていただき、会員には何かしらの行事に参加して楽しく実りある時間を過ごしていただくことが励みになります。青年会議所の事業は初めて市民の方が目にするのは何かしらの文章、ホームページ・チラシ・案内文・依頼文となりますので、しっかりとした内容をお届けできるように事業担当者をサポートして参ります。

【事務局基本方針】

射水青年会議所には多様な業種から人材が集まってくる中で、それぞれの価値観や問題意識を持って日々切磋琢磨していますが、皆で取り組むべき課題に意識を合わせることでより大きな力を生むことができます。射水青年会議所が会員に運動の方向性を示して組織としての強い力を発揮していくために、会員がやるべきことに意識を集中できる環境をつくり、これまで以上に共通の課題に対して全員の気持ちを一つにしていくことが必要です。
今年度、事務局では各種会議においては円滑な議事進行のために準備し、また次代を担うメンバーを中心に組織運営をより活発にできるように活動します。まずは、諸活動において重要な点に力を集中させていくために、各委員会の副委員長を中心に運営幹事会を設置し、理事会ではより本質的な問いに意識が向くように、委員会活動では事業がより良く構築できるように支援します。そして、会員が一年間の方向性を意識して活動を展開していくために、新年式典を開催して、本年度の我々の活動の足並みを揃えて参ります。さらに、海外の国々と相互に理解を深めていくため、海外姉妹JCとの国際交流を実施して、先達から受け継がれる絆をより強固なものとしていきます。また、青年会議所の主要な使命である成長の機会を提供するべく、他LOM・富山ブロック・北陸信越地区・本会の事業を周知し共に参加していくよう促し、学びの機会を得られる会員を増やして参ります。そして、災害時に被災者支援・復興支援ができるよう、災害時にとるべき行動を改めて確認することで、2019年度に締結した防災協定を遵守して市民を守る体制を保持します。
一人よりも組織で行動するほうがより強い力を発揮でき、その組織の力が地域課題に向けて発揮されていくことによって、青年会議所がさらに地域に必要とされる団体となっていきます。個の力を組織の力へとつなげていけるように、一年間、実践躬行して参ります。

【事業計画】

  • 例会の開催
  • 新年式典の開催
  • 事務局の運営管理
  • 各種会議の設営及び運営
  • 定時総会の開催・運営
  • 運営幹事会の開催
  • 射水青年会議所の運営及び各種取りまとめ
  • 渉外窓口
  • 庶務全般
  • 防災関連の窓口
  • 国際交流事業の窓口

コメントは受け付けていません。